感謝・敬意・反省

~時代に影響されることのない教育を~

 

<成長のための3つの条件>

---------------------------

1. 仕事に感謝できること

2. 人に敬意が払えること

3. 失敗に対して反省できること

---------------------------

素直な者のみ生涯成長できるのです。

これは、わたくし自身が子供時代の成長過程において、

勝負の世界を通じて学んだきたことです。

さらに、事務所職員の採用や教育を通じ、

経営という実践を経てたどりついた答えでもあります。

--------------------------------

1. 感謝ある者に幸福が与えられます

2. 敬意ある者に機会が与えられます

3. 反省ある者に気づきが与えられます

--------------------------------

感謝も敬意も反省も同じことじゃないか!

そう思った方がいらっしゃるかもしれません。

なぜそう思ったのでしょうか?

答えは単純明快です。

それは、あなたが「素直な人間」ではないからです。

生産活動は人が生きる最も基本的な道ですから、

まずは毎日の仕事に感謝をしましょう。

 

私の事務所では、スタッフの教育を重視しています。

教育の内容は仕事だけではありません。

人間教育からIT教育まで、その範囲は幅広く捉えています。

これらすべてが仕事に影響するからです。

しかし、全ての人材に教育を実施するわけではありません。

では、教育の対象となる人材とはどのような人物でしょうか?

高学歴・難関国家資格をもった人材でしょうか?

仕事の覚えが早い人材でしょうか?

そうではありません。

遅咲きのスタッフでも時間をかけて高く成長させます。

教育を実施する条件とは、先ほど申し上げた成長の条件、

つまり、素直であるということなのです。

学歴や資格は、 既にそれだけでは意味を成さない時代に突入しています。

私の事務所では、基礎の重要性を徹底的に教えていますが、

経営者も社員も、みんなそう簡単に腹に落ちて理解できるわけではありません。

経営者は目先の売上に焦り、社員は自己中心的な行動をとります。

そして、「社員はオレの苦労をわかってくれない・・・」

と経営者は嘆きます。

一方で、社員は自分自身の持論から、多くの不満を持っています。

 

顧問先指導でいつも申し上げていることがあります。

「財務の問題が解決しても人の問題は残る」

そして、

「人の問題を放置していると、再び財務の問題を引き起こす」

とういことなのです。

努力しているのに経営がうまくいかないという経営者の方、

仕事がマンネリ化してエンドレスサラリーマンになっている会計事務所スタッフの方、

自社の半数を超える態度の悪い顧客に悩んでいる方、

先ほどの3つの条件を自分に当てはめ、再度見直してみてください。

人生の可能性は無限であることに気づくはずです。

 

最後に一つだけ申し上げておきたいと思います。

現代のような経済縮小・過剰供給社会が続けば、

人間性評価について見直される時代がやってくると考えられます。

つまり、人間の基礎が重要になる時代です。

では、人間の基礎とはどのようなものでしょうか?

最も基本となるのが「返事」です。

返事には、血液や尿のように実に多くの情報が含まれているのです。

 

2011年7月15日
税理士 三保俊輔