« 経済縮小期はノウハウの時代 | トップページ | 少数精鋭による価値の分配ルール »

2018年11月 4日 (日)

第4次産業革命

前回は経済縮小時代における考え方について書いておりましたが、

続きのブログ更新ができておりませんでした。

 

今回は、第4次産業革命について。

これから起ころうとしている革命のことです。

「自動化」・・・

そして、今回の産業革命は新たな雇用を生み出せない。

これまでの産業革命とは異なる結果となるのではないでしょうか。

同時に社会保障の問題へと直結します。

社会保障の問題は、コスト増大だけではありません。

歳入減のほうがもっと大きな問題となるでしょう。

これらのことが、資本主義を大転換させるエネルギーになるのではないかと、

私は考えています。

テーマが大きすぎるので、今回はほんのさわりの部分について・・・

 

月の10月申告は法人件数だけで27件、

これを、決算担当者3名だけで実現しています。

業界人であれば、どれほど驚異的なスピードであるか理解できると思います。

ちなみに、うちの事務所は一般的な会計事務所よりも作業は繊細です。

その他、資産税案件も中規模のものを2件完了させています。

これだけの実務をクリアしながら、

重要な顧問先とはしっかりとコミュニケーションをとっております。

これが、人を雇わない技術。

雇用は社会貢献だとする経営者の世間向け建前は、通用しなくなりつつあります。

現在起きている採用難は、単なる少子化による問題ではないということです。

そして、これから5年後か10年後か、次なる問題が顕在化します。

 

規模で勝負をするのではなく、チームで問題を解決する経営手法。

チームメンバーの人数は、5人が最も適正だと考えています。

一度採用した人材は大切に、

仕事の増加を採用でカバーしないこと。

 

ちなみに、私はすでに「規模の経済性」には興味がありません。

売上高で事業を評価しないこと。

利益は結果であり、それ自体を目標にしないこと。

最も重視していることは、継続性。

ただし、「継続率」などのような指標を導いて目標管理に用いないこと。

これまで私がやってきた事務所経営のやり方です。

 

同じことを複数の顧問先が実践しています。

やはり、結果が出ています。

 

話を元に戻します。

第4次産業革命・・・

 

昨夜、こんな実験をしてみました。

中1になる息子に指示を出します。

 「ここに先月申告の電子申告結果一覧があるから、

 今から言う複雑なルールに従って

 関係書類を電子化してファイル名を付けて保存して!」

(守秘義務があるので、実際には開発に使ったダミーデータです)

申告書類の組み合わせもファイルルールも複雑で、処理件数も多いです。

もちろん、中1の子供は税理士の仕事を知らないので、

何を言っているのか全く理解ができません。

 

 「それじゃぁ、このボタンを押してみて!」

今度は私がプログラミングしたコードを実行させました。

 

よくできました!

実に正確です。

所要時間は約20秒でした。

処理量は、パートさんが午前中いっぱいかけてやる仕事量くらいでしょうか。

コードの正体も見せました。

 

人間なら混乱して折れてしまいそうなことでも、

機械は瞬時に、かつ、正確に判断してくれます。

この延長線上にあるのが、第4次産業革命なのです。

私は、息子にこのことを言葉ではなく実例で伝えたかったのです。

 

プログラミングについては、いずれこのような時代がやってくると思い、

15年前に独学で学習したものになります。

(本職ではないのでチープなレベルですが)

 

いまの子供たちに、どのような教育が必要でしょうか。

単純にプログラミング教育が必要だという話ではありません。

社会はまだその答えを出せていません。

 

安全性だとか、社会保障の充実だとか、働き方改革だとか・・・

創造性教育についても、自由が創造力につながると誤解していますから、

やはりうまくいきませんね。

こういう雰囲気ですと、まだまだ相当の間、誤った教育が続きそうです。

 

今後、投資活動はこれまでのような単純計算では成り立たなくなります。

ヒトが劣化し、モノとカネが同時に過剰となる時代。

これが投資活動にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

経営者はこのことをよく理解しておく必要があるのです。

 

|

« 経済縮小期はノウハウの時代 | トップページ | 少数精鋭による価値の分配ルール »

2.経営の眼力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514488/67351362

この記事へのトラックバック一覧です: 第4次産業革命:

« 経済縮小期はノウハウの時代 | トップページ | 少数精鋭による価値の分配ルール »