« 工場見学へ | トップページ | 人間廃業にならないために »

2013年6月14日 (金)

苦労をすることが大切

大人の行動は、常に正しいとは限らない。

学校の先生が正しいとは限らない。

錯覚を起こしている先生もいる。

でも、人の人生を変えるくらい素晴らしい先生もいる。

何が正しいか、正しくないか、自分で判断できるようになりなさい。

先日、こんなメッセージを息子に送りました。

 

悪い人とのつながりの中で、決して正しいことは起こらない。

子供の時は、社会を選択できないことがたくさんある。

理不尽なこともたくさん起こる。

大人になったら、半分くらいは自分の意思で社会を選択できる。

それでも、ときどき理不尽なことが起こる。

そんなとき、子供の時の経験がすごく役立つんだ。

 

自分の人生の中で、正常な出来事を連続させるためには、

このことを理解しておかなければならないと思います。

これが理解できるようになる年齢が7歳ではないでしょうか。

 

ですから、教えます。

社会は正しいとは限らない、

社会から目を背けずに、

現実をしっかり見なさいと。

 

私は、小学2年生の時、友達が正しく行動できないのは、

その親に原因があることに気がついていました。

ですから、常に友達の親の存在を意識していました。

これが、私自身の自己防衛手段だったのです。

この考え方は、今の事務所経営でも非常に役立っています。

 

また、こういうことを正しく理解していれば、

人に対して憎しみを持つことが少なくなります。

 

社会を力強く生き抜くためには、同じ問題意識をもつ仲間が必要です。

子供にとって、まず親が第一の理解者でなければならないと思います。

子供には、質の高い苦労をさせることがとても重要。

自分で問題を解決しなさい。

 

ただし、お父さんやお母さんが一番の理解者だというメッセージを

事前に送っておくことは、更に大切なことかもしれません。

 

|

« 工場見学へ | トップページ | 人間廃業にならないために »

7.その他/お知らせ」カテゴリの記事

コメント

お世話になります。 息子さんはもう7歳ですか!?  
時の経つのは早いものですね。

お元気そうで安心致しました。

また、そのうちひょっこりお伺いするかもです(笑)

 

投稿: 本田 一成 | 2013年6月21日 (金) 11時40分

ご無沙汰をしております。
早いもので、もう7歳になりましたね。

最近では、自分の年齢は数えなくなり
子供の年齢で時をカウントするようになってきました…

私のほうは、相変わらず仕事に追われていますが、
なんとか元気にやっております。

またお会いできるといいですね!

投稿: 税理士:三保俊輔 | 2013年6月22日 (土) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514488/57592858

この記事へのトラックバック一覧です: 苦労をすることが大切:

« 工場見学へ | トップページ | 人間廃業にならないために »