« 求人情報をUPしました! | トップページ | 整理整頓ができない人は人生が戦略できない »

2012年8月10日 (金)

プロとして生きる

自分の価値を高めるために、一番効果があるのはどんなことでしょうか?

それは、価値を理解する顧客にだけ絞って価値を提供するということです。

要するに、誰に対してサービスを提供しているのか。

たったこれだけで、自分の価値が決まってしまうのです。

これが、「バリューアップ戦略」。

あくまでも私見であることを断ったうえで、クライアントさんにはその重要性をお話しています。

 

「私たちのお客様は誰ですか?」

決してこの問題から目をそむけてはいけません。

 

時々、クライアントさんにお話している「悲劇の大型バス運行物語」。

絶句される方もいらっしゃいます。

でも、これが現実です。

だけれども、会社を大きくしなければ生き残れない…

そう考えるのが今の時代でしょう。

大規模化を手がけると、今度は誰にでもできて誰がやっても同じ結果にしかならない簡素でシステム化された作業へと舵をきらなければなりません。

これが原則です。

「誰にでもできて誰がやっても同じ結果にしかならない」とは、「代替可能」ということになるでしょう。

別の表現をするならば、「あなたではなくても結構ですよ!」ということかもしれません。

やはり、信用収縮経済の延長線上には「価値」という答えしかなさそうなのです。

 

規模や量を追い続けると…

「悪いことをする」か「しつこい行為をする」かのどちらかに行きつくことでしょう。

しかし、「量的拡大」というのは、単純で一番わかりやすいのです。

ですから、皆ここに経営の答えを求めようとします。

特に専門家は、このことを絶対に知っておくべきだと思います。

 

専門家の業界にもデフレの波は及びました。

ですから、今はとにかくプロが安い!

そう思います。

ある特定の技術が必要なことでも、お金を惜しんでなんとか自分でやってみる。

こんな行為こそが、損失になる時代です。

WEBサイトをなんとか自分で制作してみたものの、結局のところ出来栄えは二流…

決算や法人税申告を自分で調べ調べやってみたものの、あとから税務署と銀行の対応に困る…

こういう方は、そもそも経営には向いていません。

 

信用収縮の波は、専門家をも巻き込んでいきます。

やがて、価値の理解できない層にまでサービスを提供するようになるのです。

そうでもしなければ、食っていけない…

職員を養っていけない…

そうです。

それが「バリューダウン」の始まりなのです。

 

価値を理解できる顧客に絞って価値を提供する。

これがすべてです。

この循環をつくることが、いかに難しいことか…

 

一度や二度は、その顧客に価値の提供を試みるとよいでしょう。

そうすれば、価値を理解されるお客様の特徴が分かってくるはずです。

もし、価値を理解されないお客様だと分かった場合には、極めて平凡かつ代替性のあるサービスを提供すべきです。

これが、「価値」の本質です。

プロ意識の欠如で、価値の流出は簡単に起きてしまうのです。

 

最後に、

バリューアップ戦略には基礎的条件があります。

それは、

固定資産を持ちすぎないこと。

そして、社員(ヒト)を持ちすぎないこと。

レバレッジは、自らの意思でコントロールできるレベルに抑えること。

財務マネジメントを導入したからといって、会社の経営が必ず良くなるというわけではありません。

しかし、経営者が財務の重要性に気がついたころから、会社に変化が起き始めるのも事実です。

この本質を、価値あるクライアントに伝えていかなければならないと思います。

 

|

« 求人情報をUPしました! | トップページ | 整理整頓ができない人は人生が戦略できない »

2.経営の眼力」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます。

価値を理解出来るクライアントに限定して提供するのは、恐れや不安がありました。

自分の提供できるものに自信を持つこと、自分自身を信じきることで、解決しました。

思考から生まれるのは、恐れや不安であり、ワクワクすることはないと言っても過言ではありません、

ただ目前のことに全力を注ぐだけ、そうすれば、また一つ、また一つと上にあがれるんだなぁと気づく日々です。

いつも三保先生のブログにて、勉強になると共に刺激になっています。

特に今回の記事は、パワフルですね(笑)

まだまだ暑い日が続きますので、どうぞ御自愛ください。

投稿: 福田孝史 | 2012年8月12日 (日) 10時51分

福田先生。コメントありがとうございます。

思考というのは、その人のこれまでの体験や人間関係に強く影響を受けながら、いつも同種の思考パターンを繰り返しているように感じます。
そして、人は強く思考したことから順に実現していくと思います。
今回の記事は、「良い影響を与える人間関係に絞り込んでいく」ことの重要性が裏に隠されています。

価値を理解できる顧客に絞り込む!
もしこれを実行してしまうと、世の会社のほとんどが吹っ飛んでしまいます。
しかし、この意識が欠如した集団は、売上至上主義になりやすく、そこには悪い影響を与え合う人間関係がいつの間にか出来ています。

良い影響を与え合う人間関係のために、まず「私たちの価値を3倍高める!」
このプログラムはまだ先が長すぎますが、こんな共通意識で挑んでいます。

急成長することよりも、大切なことを継続させることのほうが何倍も難しいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 税理士:三保俊輔 | 2012年8月12日 (日) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514488/55394814

この記事へのトラックバック一覧です: プロとして生きる:

« 求人情報をUPしました! | トップページ | 整理整頓ができない人は人生が戦略できない »